アメリカ奮闘記。

2018年からアメリカに来ました。現在27歳。働きながら、phDに行くのが目標。TOEFL100点目標。日々感じたこともつづっていきます。

「3月のライオン」を見て自分の人生を振り返る

最近ハマっているアニメ、「3月のライオン」。

主人公は高校生のプロ棋士。将棋だけではないアニメで、人生や人間関係なども描かれている。そこで、主人公がお世話になっている家の中学生の女の子が出てくる。中学校でのいじめ、スクールカースト。見えないけど確かにある。自分が次のターゲットにされないための見て見ぬふり。狭い世界の話だ。

見ていて、確かに、学校生活でこんなこともあったなあと自分の人生を振り返って懐かしい気持ちになった。

 

いじめ、の話ではないが自分の人生を振り返るきっかけになったので、ここに残しておこうと思う。

 

私は人口一万人に満たないド田舎で生まれた。小学校低学年のときはピークで2クラス、一学年80人ほどだったが、転勤族がわりといたため、小学校卒業の時には70人くらいになっていたと思う。中学はいろんな小学校から集まってきてたので3クラスあり、一学年115人くらいだった。

田舎だったので、なにもかも筒抜け。〇〇ちゃんのとこは~らしい、とか。この前〇〇ちゃんの車見た、とか。

当然教育の風潮なんてない。

ましてや、大学とは?みたいな。地元の中学、高校へと進み地元に就職するか、専門に行って結婚するか、くらいの雰囲気。

地元の高校でも、よくできれば私立外国語大学の推薦はあったみたいだけど。

親が難関大学出身の教育に理解にある親だったことだけが救い。

 

親は小学校の時に離婚。家がめちゃくちゃだった。どうせ好き勝手な噂が回ってるだろうし肩身狭かった。子供ながらに「隠したいこと」だった。私立中学受験もしたが一つは落ちた。県庁所在地にあるうちの県で一番の学校で、普通に学力不足。もう一つは合格したがあまり好きな雰囲気の学校じゃなかったのと遠かったので、地元の中学に進学。

普通にしっかり勉強して、夏休みは県庁所在地まで出て、模試だけ受けたり。

塾に行かなくても成績はべらぼうに良かったので、地元の高校ではなくかなり遠めの高校に通った。

 

高校でもいつも上位だった。うちの中学からもう一人、この高校に来たが、彼は中学ではいつも2,3位だったのに高校ではついていけず不登校→退学に。

確かに、高校では科目数が圧倒的に増えるし、要領よくこなしていかないとダメだ。

田舎の学区制限がある中とはいえ、私の通った高校のある市はいくつか高校があったので、必然的に「どんなレベルの中学校であれ、上位だったやつの集まり」になる。

まあ、そんな中でも私はうまくやっていた。

 

ただ、受験になると話は別だ。「学校での定期テストができる」のと、「模試で点が取れる」には、もう一段階勉強しないといけないのだ。そこに気づかなかった。

私がちゃんとした問題集に取り組みだしたのは高校三年の秋以降で、センターまで理系、そのあと文転して一カ月で英数国を仕上げて二次試験に挑んだ。(なんということ・・・)しかしながら、国立(まさかの前期試験しか受けなかった)は落ちて私立(まさかの後期試験しか受けなかった)で合格。めちゃくちゃ怖いもの知らずとはいえ受かってよかった。浪人は免れた。

兄弟が浪人していて、その頑張りを見ていて私には無理だと思ったので現役でひっかかったところにいった。

 

そして上京。田舎しか知らなかったやつがはじめての都会。

一人暮らし。誰も私のことなんて気にしない。夜遅くまで開いている居酒屋。

超大きくて、自由な大学。好きに選べるたくさんの講義。いろんなサークルに勧誘される。

これまでの田舎でくそ真面目にやってきた人生から解放された喜び。サークル、バイト、オール。勉強の放棄。2年間遊びほうける。

遊んで一周回ったので3年目、「留学しよう」と思って前期は準備、後期はアメリカに留学する。アメリカから帰ってきて4年目、大学院に行くことを決意。大学院の要件のTOEIC、専門分野の対策を前期に行い夏の試験で合格。後期は、教育系なので英語の教員免許も取ろうと思って取り始める(4回後期からとり始めるの草)。仕送りなどないため、バイトも大量に入れていたが、授業と卒論も両立し、卒論では賞をもらい、満足しながら大学を卒業。

そのまま大学院に入学。教員免許のこともあり、3年で卒業することにした。そのままバイトをこなしながら授業・教員免許も並行して続けていく。院生になるとTAやRAのバイトもチャンスがあるので、身体的には楽になった。(飲食店でのバイトも途中まで続けていた)。教育実習で地元に帰って3週間教えたのはいい思い出になった。素直な学生ばっかりで、自分もこんなかんじだったのかなあ・・・と思った。(もはや自分でも思出せない)。2年目から英語教育だけでなく日本語教育もはじめ、単位をとるのと並行して勉強して日本語教育能力検定試験に合格。修論も特に問題なく仕上げる。そしてph.Dの夢を延長したままアメリカに来て大学で日本語をおしえつつもうすぐ3年目。今年叶う。

 

大変な時期はたくさんあった。親の離婚とか、経済状況とか。心理的なストレスで、当時の行動にも影響出てたと思う。小中高と・・・。あの時の周りの人、迷惑かけただろうなあ。

大学に入って上京して広い世界に出ると、精神的な不安は落ち着いた。

バイト稼ぐマンだった。よく働いた・・・。でも大学でしかできない勉強もできたし、よかったね。

振り返ると、あの田舎からその時その時でできることをよくやってきたと思う。大学でも、遊ぶところは遊んでちゃんと戻ってきたし。

高校までの自分には想像できない世界に今いるんだなあ。

おつかれ自分、よく頑張ったね。よく頑張ってるね。これからもきっとできるよ。

学期終わり

アメリカ政府の方針で、どのビザも2カ月延長になった。

成績もつけ終わり。コロナで大変な学期になったけど、お疲れ様自分。

 

そんな中で、今年度も採用が決定。日本に帰るかどうかのところだったから、助かった。3年目ということで、新しい仕事もできそう。

彼氏とも喧嘩しまくってもう別れるところまで行ったけど、仲直り。(一カ月かかった・・・笑)

 

ここ一カ月精神的にも本当に大変だったけど、これから安定していけばいいな。

 

電子書籍で英語の勉強再開しました。一年空くと、気分も変えたいしいろいろ書き込みしまくりでTOEFL3800は使うのやめる。

コロナウイルスでのアメリカ人の変化

アメリカでもコロナウイルスで騒ぎになって1カ月半。

様子を見ていたが、明らかにアメリカ人の考えが変化したなと思うところがある。

 

いちばん大きく感じるのはマスクへの反応。

 

ご存知の通り、アメリカ人はマスクをしない。頑なにしない。

アメリカでは、「マスク=病人がつけるもの」なのだ。一月下旬から、キャンパスなどで中国人がいちはやくマスクをつけ始めたが、マスクしている=中国人だった。

しかし、今ではほぼ全員がマスクをしているのだ。なんなら手作りの布マスクもしている。

これは、CDCやトランプがマスクについて言及しだしたこともあると思うが、

コロナウイルスの一連の出来事は、アメリカ人の意識を変えるほど大きい出来事なのだ。

私は日本人としてマスクをするになんの抵抗もないので(すっぴん隠しや花粉、寒さ対策)、3月下旬にマスクをしていたが、この時に「あの子はコロナ持っている」と英語で言われたことがある。私としては「は??うるせえ」なのだが。

今ではその人たちもマスクをしているのだろう。

 

 

スーパーに行けば、wipeやビニール手袋を用意しているところもある。

中国人の学生にスーパーで遭遇した時には、マスク&ゴム手袋の完全装備だった。

(中国人のマイ手袋着用率は高い。)

やはり、警戒心的には中国人がしっかりしているなという印象。

ちなみに中国人の元彼から1年ぶりに連絡が来たと思ったら「マスクは足りてる?海外から手に入ったからあげる」だった。

 

マスクをしていても、差別をされなくなったのは大きい。

 

アメリカでコロナウイルスに耐え忍ぶ

気づけば、感染者70万人突破のアメリカ。

3月の上旬にぼちぼち感染者が出てくる。大学の春休み前に近くで確認されたので、フロリダ旅行を取りやめ、感染者が出てないところに3日間だけ出かける。

そのまま、春休みが明けることなくオンライン授業に移行することになる。これが3月の15日あたり。

ここからは怒涛の毎日。

 

3/13  アメリカ国家非常事態宣言。
3/18 アメリカ政府、ほとんどの国でビザ発給を一時停止すると発表する。
3/19 アメリ国務省アメリカ国民に対してすべての海外渡航の中止を求めるレベル4に引き上げ。4月に入ると、Shelter-in-place orderも発令。

 

もう春休み明け(いうても3/10あたり)からどこにも行ってない。

 

日本を見ていて、先にトイレットペーパーやハンドソープを3月初めに買っていたが、これが大当たり。現時点でもない。

買い物は2週間に一回にし(こればっかりは車を持っている友だちか付き合ってた人にたのんだ)、本当に誰とも会わないし、どこにも行かない。

 

マスクは、ラッキーなことに2月下旬にたまたまゲットできた。マスクもハンドサニタイザーも、当然ない。

中国人の同僚(おっちゃん)にマスクをあげたらめちゃめちゃ喜ばれて投げキッスされた。笑

 

4月上旬頃、本当に不安定になって、帰りたいなと猛烈に思ってホテルや航空券まで調べていたこともあったけど、飛行機や空港に行くことがまずリスクだし、日本に帰っても2週間の隔離、交通公共機関を使えない、自費、周りにも迷惑かける、ってことで耐え忍びました。

 

もうすぐアメリカは新規の移民ビザ発給停止するそう。長期戦になりそう。

雇用先も雇用決まらず。あと一カ月でビザ切れるのに。

 

下手な恋愛3

それからは結構楽しかった。日帰り旅行で告白されたんだけど、私が車ないからスーパーに連れてってくれたり、電話したり、好きな音楽を教えあったり、テラスハウス見たり。旅行に行ったり、楽しかった。これまでお店とかあまりいかなかったから、本当のアメリカ生活を知れた。

けど、どうしても喧嘩が絶えなかった。いま振り返ると、これは完全に文化の違いだと思うけど、むこうは思ったままなんでも口にする。私がずっと楽しみにしていたレストラン(向こうは味を知ってるけど連れて行きたかったらしい)で、でてきた料理にまずいといったり、私がカフェでメニューを選んで頼もうとしてたら「それおいしくない」っていってきたり、とにかく水を差す。向こうは、それはただ向こうのコメントなだけで、私がほしいなら選べばいいし、私にもっとおいしいものを選んでほしかったらしい。コロナウイルスの時に、マスクするしないの話になって、向こうは周りの目が気になるからどうしてもしたくないらしい。それは向こうの価値観でいいんだけど、「君は一人暮らしだし、家族もアメリカにいないからコロナにかかってもいいじゃん」には本気でブチぎれた。私が外国人で、一人で、帰りたくても帰れなくて、雇用も不安定で、それなのにそういうことをいうの???そんなつもりじゃなかったっていうけど、じゃあどういうつもりだったかは言おうとしないし、それだけは図星やろ。

 

ここから仲直りしようとしても新しいケンカが怒ったり、いろいろタイミングや気持ちが合わなくなった。

けど、向こうはいつも私の誤解だし、むこうが良かれと思ってやってることは私がネガティブにとらえるという。そういう意図じゃなかったって。

韓国文化では、なんでも思ったように言うし、それを相手も気にしない。らしい。

 

私が言われるほうの気持ちを考えろっていうのも分かるけど分からないらしい。向こうは喧嘩のたびに疲れるし(たしかに超考え込んで納得するまで次に進めない人だった)、喧嘩がこれからも絶えないと思う。自分でいたいんだって。そんなこんなの喧嘩が積み重なった。歩み寄って修正しようと思ったけど向こうがふさぎ込んじゃって、思ったより悪くなった。・・・いまはお互い歩み寄って、修正しようとしてるけど。

どうしても合わないのがこれだけだったのに、「これだけ」が大きかった。

私も価値観をおしつけてたのかなあ・・・。言葉じゃなくて、行動を見ればよかったのかなあ。私が不満を言うのが可愛く軽く言えなくて、向こうもめっちゃ物事を大きくとらえて、一つ一つの小さいことが大きい喧嘩になったのは、私の性格や向こうの性格や、タイミングや、いろいろな複合的な原因があるんだと思う。

とにかく、日本人の考え方をしてたんじゃこれからも恋愛はうまくいきそうにない。

 

過去を振り返る~下手な恋愛②~

日本に一時帰国して、帰ってきて、2年目が始まる。2年目は同僚や上司にすごく恵まれた。ただ、前期に仕事が偏っていて物理的に大変だった。8月まで大学院見学やTOEFLをがんばったがあと4点足りず。そのまま新学期に突入した。授業づくりや60人の採点などに毎日追われ、勉強は全然できず、恋も中国人を引きずっていた。学生も大変だった。ものすごく敵対心をもってくる学生がいて、ネットにかかれたり、授業評価にぼろくそにかかれたり、心と体がとにかく疲れた。英語を話すことが怖くなったりした。日本人コミュニティで知り合ったphDの学生たちとたまに会うことで気晴らしになった。10月末、その人たちと飲んでてマッチングアプリでもやれば?という話になる。私もそれそろ次に行きたいと思っていたから、始める。日本でもやったことがない初めてのマッチングアプリin米国。

一人目、初めてマッチングした元カレとおなじphD、おなじデパートメント。笑

韓国人で、小学生のころにこっちに越してきたという。

一カ月ほどやりとりして会ったが、予想となんか違う。写真とだいぶ違う。

話すのもまあまあ・・・。ってことで二度目はなかった。てか、自分外国人でよくやってんな笑

 

二人目、なんかいろいろ複雑そうな家庭の人。もうタバコ吸ってないって言ってたけど、明らかに喫煙者のにおいがする。あと運転が荒いし道間違えまくりで怖い。悪い人じゃなかったけど、とくにいいなとも思えず二回で会うのをやめる。

 

三人目、韓国系アメリカ人。メッセージのやり取りで、なんかきっちりしてそうな人だなあと思った。そして二人目も三人目も同じ名前の別の場所があるようで、集合場所間違えてくる笑

なんかハッキリしてるけどめっちゃ気遣いな人だな、会話していてあんまゴリゴリ感もないしいい人だなっていう印象。2.3週間やりとりして一回目会ってすぐ二回目、来週のクリスマスに会いたいと言われる。こっちも印象が良かったので普通に会って、ご飯を食べて、スーパーに行って(そこで彼のお母さんに遭遇w)、プレゼントを貰って帰る。やりとりはそこからも続く。あけましておめでとうの電話をしたり、日本語を勉強し始めて、ひらがなとカタカナ読めたらディナーデートしてほしいっていってきたり。そうこうしてるうちに告白されてたぶん全体で一か月ちょい位で付き合い始める。

過去を振り返る~下手な恋愛~

アメリカにきて2年が経つ。右も左も分からなかった1年目。同僚や上司にも恵まれなかった。上司の仕事をやらされた。こんな大人にはなりたくないような、そんな模範のような上司。学生を報告したり、自分の意志じゃなくてもやらされるのがつらかった。初めての英語での授業。ほんとうに緊張した。学生は悪い子たちじゃない。学生との距離感もよく分からなかった。強く出ればいいのか、やさしく向き合えばいいのか・・・。コミュ障が爆発。

授業以外でもなんでもやってみようと思った。英語の授業とか、教会に行ってみたり・・・。日本語の先生とは年も離れすぎてて、仲良くはなかったけど、その代わり、台湾や韓国の同じ1年目の先生と仲良くなった。

向こうに行って一カ月くらいに、気になる人ができた。最初から、何か違うと思った。日本語を話せる中国人。中国の4年間で日本語を専攻し、日本で就職したかったが無理で、大学院に行きたかったけど機会に恵まれず、アメリカにきて修士をでて、ph.Dで博士課程にいる人。すごく頭が良くてやっと自分のやりたいことをやってる人。この恋はすごく自然だったと思う。自然に最初からひかれあって、向こうが来てくれて、何度もデートして、告白してくれて、付き合うことになった。しんどい毎日も、この人に週3回会うことで元気が出た。いつも決まったコースで、カフェで会って、アニメやドラマを見て、いつものレストランに行って、オフィスでまた続きを見て、遅くならないうちに帰る。中国語で書かれたラブレターももらった。いつか読んでね、って。高校生みたいな、本当に純粋な恋だった。

でも、本当に突然ダメになった。私は付き合う前に「ここにずっといるとは限らないけど、日本に戻るかもしれないけど」という。この人は自分も日本に行きたかったから、仕事はどこででもできるからと、これを受け入れる。でも付き合っていくうちに、きっと私もダメなところがたくさんあるし、現実が見えて、自分がようやく始めたキャリアを手放せない、という。日本には行けない。いつかアメリカで永住権を取って、親もつれてきて、3人で住みたい。親もそれを願ってる、という。結婚を考えて、と最初から僕は言っていたから、そういう現実が見えた今、もう君の時間を無駄にすることはできない、という。私は、まだ数カ月なんだから、未来なんてわからないんだから、これからすり合わせていけばいいじゃん、というけど彼の考えは堅かった。お互い焦っていたと思う。ph.Dとして、講師として、1年目で不安で、講師なんて年契約だし、日々の授業に追われてph.Dへの勉強も本気でしていなかった。彼はそれにもいらだっていたと思う。2月末頃かな、たった数カ月でダメになった恋。不器用な人、勉強以外できないとか、家事ができないとか、本人もネタにしてるEQが低すぎるとか、引くほど真っすぐに言ってくるとか、高校生みたいとか、ダメなところなんてたくさんある。でも本当に好きだった。何度も泣いた。こんなに簡単にダメになるんだ、あの言葉はなんだったの?寝るときによく泣いていたなあ。キャンパスのどこを通っても思い出がある。勉強することで忘れようとした。

ラブレターはどうしても捨てられず、最後に一度会って返した。